車45

いくら大切にしていても、年式が古くなってくるとヘッドライトの黄ばみが目立ってきます。ヘッドライトの黄ばみを改善するなら、オートバックス等の量販店で研磨やコーティングをしたり、ヘッドライト磨きグッズを買ってくるのも良いですが、

金属洗いのピカールでも綺麗になる

のはご存知でしたか?

ピカールを使ってヘッドライトの黄ばみを改善するには幾つかの注意点がありますので、使い方を確認して作業に取り掛かることが大切です。

ピカールで磨いても問題ないの?

そもそも金属を磨くための洗剤ですが、樹脂であるヘッドライトを磨いても問題はないのでしょうか?

結論から言えば全く問題はありません。プロの専門業者に依頼したときの「液体コンパウンド」で磨く感覚で、研磨剤の入った液体でかんたんに黄ばみを除去することができます。

プロは耐水ペーパーを使い分けて黄ばみを取り除いていきますが、ピカールを使えばその手間は省けます。ピカールの研磨粒子は3マイクロメートルと目に見えない小さな粒子で研磨をしていきますが、あまり力を入れすぎると、かえって傷を作ってしまう原因にもつながります。

できるだけ力を入れず、丁寧に行うことが重要です。

ピカールより最強なのは「おふろのルック」

車43

ピカールのような研磨剤でもヘッドライトの黄ばみは取れますが、力を入れすぎるとかえって傷をつけてしまうことにもなりかねないことは前述の通り。

少々乱暴に使っても問題のないのは「おふろのルック」です。

ピカールほどキツくなく、水垢汚れはしっかりと落としてくれるので、力の入れ加減で失敗する心配のある方は、こうしたお風呂用洗剤で磨いてみると良いですね。

CRC クレ556で最終仕上げを

車44

そもそもCRC556とはオイルのスプレーで、シリコン系潤滑油のスプレーとして販売されております。

基本となる用途はサビ落としや金属部品可動部の潤滑が目的です。そんな556をピカールや浴室洗浄剤で磨いたあとのヘッドライトの最終のコーティングとして使うことで、キラッとした状態に魅せることができます。

ですが雨が降り続いたり洗車を何度かすることで、すぐにコーティングの効果は薄れていきますので、できることならオートバックス等の量販店などで、しっかりと施術してもらうほうが良いのではないでしょうか。

 

おすすめの記事