タイヤ交換

ディーラー以外のお店で、タイヤ交換と言えば、すぐに思いつくのは・・・

「オートバックス」や「イエローハット」ですよね。

タイヤに関する品ぞろえも充実しており、判らないことがあれば専属スタッフが親切丁寧にアドバイスをしてくれます。

カー用品店のタイヤ交換の費用目安として、

  • 取り付け(脱着)費用が6,000円
  • 取り付けナットが3,000円
  • 古いタイヤの廃棄が400円(1本)

といったところでしょう。

タイヤ購入費用+1万円ほどあれば、新品のタイヤに交換してもらえます。

また全国の様々な地域に店舗がありますし、タイヤ交換を検討されている方は、直ぐに「オートバックス」や「イエローハット」が思いつかれるかもしれません。

持ち込みタイヤの注意点!

しかし、注意しなければならないことがあります。

それは、持ち込みタイヤです!

基本的に「オートバックス」も「イエローハット」も、持ち込みタイヤは通常より交換費用が若干高くなります。

また店舗によって「持ち込みタイヤ」不可もある為、カー用品店で持ち込みタイヤ交換を考えておられる方は、事前に確認をすることをおススメいたします。

特に最近では、インターネットで気に入ったタイヤ・ホイールを格安で購入される方も多いはず。

「どうしてもタイヤを持ち込みたい!」方の為に、愛車お役立ち情報を次にご紹介します!

GooPit(グーピット)なら持ち込みタイヤの交換もOKです!

GooPit(グーピット)ってご存知ですか?

お近くの整備工場をネット検索できるサービスです。

GooPit(グーピット)を使えば、

車検・点検・修理・板金塗装・持込み取付など、対応するお近くの認証工場、指定工場を検索できます。

もちろん、ネットでのお問い合わせから見積もりまで、無料で何度でも相談ができます。

→ 早速近くの工場を検索してみる

つまり、「一番安く持ち込みタイヤ」を交換してくれるお店を無料で探せるサービスなのです!

ところで、インターネットや他店で購入したタイヤを運ぶのは大変だと思いませんか?

GooPit(グーピット)なら、なんと!

ネットで購入したタイヤを直送OK

の店舗を探すことが出来ます!

これは超便利!

しかも、対応してくれるお店は全て、認証工場や指定工場なので、車の専門家である整備士がいるので安心

タイヤの交換以外にも、ちょっと気になる箇所や車検の相談も気軽にできます。

タイヤの交換 持ち込みなら GooPit(グーピット)

車は、私たちの生活になくてはならないものですが、車にとってタイヤはなくてはならないものです。

走る・曲がる・止まる」が、正しく機能する車で安心してカーライフを楽しむ為、タイヤのマネージメントは非常に大切です。

大切な車、何よりも家族、あなたの命を守るためにも、正しい時期にタイヤを購入するようにしましょう。

もし、タイヤの交換で迷ったなら、GooPit(グーピット)で車の専門家に相談すれば間違いなしです!

タイヤ交換 種類は?時期は?持ち込み費用は?

タイヤ交換 、あなたの愛車が正しく走る・曲がる・止まる」為には必要ものです。

タイヤは、経年劣化や表面の摩耗によって、本来の役割である「走る・曲がる・止まる」が正しく機能しない場合があります。

車の安全性に関係する、最も重要な「タイヤ」が正しく機能しないと、当然「自動車事故」に直結します。

楽しく安全なカーライフを楽しむために、

タイヤの交換は必須です!

でも・・・

  • どのようなタイヤを選べばよいか・・・?
  • タイヤ交換のタイミングは・・・?
  • タイヤの交換費用は・・・?

そんな、疑問に解り易くお答えします!

どんなタイヤを選べばいいの?

一言でタイヤの種類と言っても、タイヤについて語りつくすことは出来ません。

  • 冬の路面に対応するスタッドレスタイヤ
  • 標準的な夏タイヤ
  • 走りを追求したスポーツタイヤ

などなど、タイヤの種類は数多くの存在します。

車は走るものだから、「スポーツタイヤが一番良いに決まっている!」と思われるかもしれません。

確かに、スポーツタイヤはグリップ力が高く、車の「走る・曲がる・止まる」を大きく向上させます。

しかし、グリップ力が高いため、摩耗は早く燃費も犠牲にしなければなりません。

今回は、恐らく多くの車が標準的に装着している夏タイヤの選び方についてご紹介いたします。

エコタイヤ と コンフォートタイヤについて

夏タイヤは、大きく分けて2種類挙げることができます。

ランフラットタイヤという種類もありますが、これは完全なパンク状態で一定距離の走行が可能という、少し特殊なタイヤになるため、今回はご紹介しません。

エコタイヤ

エコタイヤとは、

日本自動車タイヤ協会(JATMA)が定めた、低燃費性と安全性が基準値をクリアしているタイヤです。

その特徴の一つが、「軽い」ことです!

重量が1キロ、2キロ変わるだけでも、タイヤが高速で回転すれば大きな違いになります。

車にとっては、軽いタイヤになればなるほど、負担が軽くなり乗り心地が向上します。

更に、エコタイヤは「転がり抵抗が軽減」されています。

転がり抵抗が軽減されると、タイヤはより遠くまで転がることができますので、

燃費が向上します。

コンフォートタイヤ

コンフォートタイヤとは、

タイヤが路面を走行する際に生じる騒音を抑え

「静粛性」を求めたタイヤです。

ロングドライブや音楽を楽しみながらドライブする方など、ワンランク上のドライブを楽しみたい方にオススメです。

簡単ではありましたが、2種類のタイヤをご紹介いたしました。

まず、あなたの車の使用環境・ドライブスタイルを考えそれに合わせてタイヤを選ぶと良いでしょう。

タイヤ交換 のタイミングは?

とはいえ、すぐにタイヤを交換という訳ではなく、現在装着しているタイヤも、まだまだ使用可能かもしれません。

出来れば、今のタイヤの交換時期までは、きっちり使用したいと思われるはずです。

では、タイヤの交換時期っていつ頃なのでしょうか?

タイヤのスリップサインを確認する

タイヤの溝は、実は法律上で定められています。

タイヤの接地部の全幅にわたり滑り止めのために施されている凹部のいずれの部分においても1.6mm以上の深さを有すること。

タイヤ関連法令より

溝の深さの測り方は、タイヤの側面に

スリップサインを示す、三角マーク(▲)があります。

そのマークから、タイヤが路面と接地する場所を見ていただくと、タイヤの溝内に盛り上がった箇所があります。

この盛り上がりと、周囲の高さが同じになると、タイヤの摩耗によって溝の深さが1.6mmになったことを示しています。

これは、法律違反というだけでなく、タイヤのグリップ力も低下しており走行し続けるのはとても危険です。

サイドウォールのヒビや変形は要注意

もう一つタイヤ交換が必要な場合として、

タイヤ側面サイドウォールに注意必要です。

サイドウォールは、路面と設置することがないため摩耗することはありませんが、経年劣化によるヒビ割れや変形や傷等があれば、走行中のタイヤの破裂の原因になります。

酷くならないうちにタイヤ交換しましょう!

とはいえ、車の安全性と直結する重要なパーツですので、自己判断するのは不安と思われる方もおられるでしょう。

そのような方は、お店で専門家に見ていただくことをオススメします。

→ ネットで簡単!近くの専門店を探してみるなら

おすすめの記事